【La Pausa Shoecare】最初の一足目は、ストレートチップがおすすめです!

ビジネスや冠婚葬祭など、さまざまなシーンで革靴は必要になってきます。

おしゃれにあまり関心がない人でも、必要に駆られて購入した。なんてこともあると思います。

しかし、以前の記事でも説明した通りそのデザインの違いによって着用シーンの向き不向きがあるのはご存知でしょうか?

デザインについてまとめた記事はこちら

今回はその中でも万能なストレートチップにフォーカスしてご紹介します。

どんなシーンでも使えるのは黒の内羽根&ストレートチップの革靴

革靴にはさまざまな色やデザインがあり、近年は個性を主張するアイテムとして奇抜なデザインの靴も多くみられます。

カジュアルなシーンではどんなデザインの靴を履いていても問題ありませんが、冠婚葬祭やビジネスシーンには好まれません。

様々なデザインの靴をそろえている方であれば服装やシーンに合わせた着こなしが出来るかもしれませんが、これから社会人になる方や初めて革靴を買おうと考えている方の最初の一足目には、万能なストレートチップがおすすめです。

靴の印象を決める3つの要素

色は形やデザインよりも先に目に入る情報で、印象を決める重要な要素になります。

実際に色が薄いほどカジュアルに感じ、色が濃い方がフォーマルに感じますよね?

冠婚葬祭などのフォーマルな装いを求められる場では当然「黒」がベストになります。

もちろんビジネスで着用しても問題ありません。

つま先のデザイン・形状

デザインによってもフォーマル度が変わります。

一番フォーマルなのが、ストレートチップで、横一線にステッチの入ったデザインのことを指します。

つま先に被せものをしたようにも見えるので、キャップトゥという言い方もします。

先ほど黒がベストと言いましたが、せっかく黒の革靴を選んでもつま先が尖っているようなデザインや奇をてらったような形の靴では台無しです。(カジュアルなシーンでは問題ありません。)

主張しすぎることのないトゥ(つま先)、クラシックなフォルムの革靴を選ぶようにするのが無難です。

内羽根か外羽根か

内羽根
外羽根

羽根とは、紐を通す部分の形状のこと。

紐を通すパーツの部分が外付けになっているのが外羽根で、紐を通す部分のパーツがアッパーの内側についているのが内羽根です。

外羽根は、軍隊の靴をルーツに持ちカジュアルな印象に、内羽根は、貴族の宮廷靴をルーツに持つためフォーマルな印象を感じさせます。

HISTORY

【ストレートチップの歴史】

19世紀、イギリス王室で室内履きとして使用されていたのが起源だと言われています。

ヴィクトリア女王の夫君であるアルバート公が好んだ、スコットランド王室御用邸バルモラル城にちなみ、バルモラルとも呼ばれていました。

イギリス王室で使用してきた歴史を持つため、ほかのモデルよりも格式高くフォーマルです

まとめ

ここまでをまとめると黒の内羽根ストレートチップの革靴がベストということになります。

「足元まで見ている人なんかいない」「スニーカーか革靴かは判別出来るけどデザインまでは気づかない」という方もいらっしゃるかもしれません。

ぱっと見で内羽根なのか外羽根なのか、つま先のデザインはなにか、なんていうのは、正直なところよほど靴が好きな方じゃないと識別は不可能でしょう。

ですが、靴はいつどこで見られているかわかりません。

普段気に留めないと思っている靴こそ自分自身の印象を左右する最重要アイテムだと思っています。

それと、こういう情報は知識として覚えていた方が恥をかく心配もなく安心できますよね。

そんな細かいところまではわからないという方も、冠婚葬祭からビジネスまで幅広く使える黒の内羽根ストレートチップを選んでおけば余計な心配をせずに済むので、最初の一足目には断然「黒の内羽根ストレートチップ」をおすすめします。